付け爪とは

付け爪とは

現在、「付け爪」という言葉は、爪の形にカットされている人口爪に用いられています。

自分の爪に何かを付けるという点では、カットされている人口爪を付けても、ジェルネイルをするにしても、付け爪であることには変わりありません。

ただ、爪の形にカットされたシールのような人口爪のことを付け爪と呼ぶ傾向にあります。

爪の形にカットされたシールのような人口爪は、とても手軽で、自分で簡単にネイルアートができます。

ですから、ちょっとした合間にネイルアートを楽しみたいという方から人気を集めています。

ただ、ジェルネイルとは異なり、シールのようなものが多いため、長持ちはしないようです。

また、すでに色が付いている付け爪が多いため、一度購入したら、そのときの気分で、色の変更はできないと考えてよいでしょう。

ただ、即付けて、即外せるというメリットがあるので、ネイルアートを長期間楽しめないような職場で働いている女性に、付け爪は大変オススメです。

さらに、様々な付け爪が登場していて、値段が大変リーズナブルなものもたくさん市販されています。

ですから、ネイル初心者は、付け爪から入門し、凝ってきたらジェルネイルに挑戦するのも良いかもしれません。