ジェルネイルとは

ジェルネイルとは

ジェルネイルとは、ゲル状の特殊な樹脂を爪に塗り、UVライトをその爪に当てて固めるというネイルアートです。

そして、このジェルネイル、今、大変な人気なのだとか。

特に、自分の爪が割れやすいという方が、ジェルネイルを気に入るようです。

ジェルネイルは自分の爪に塗って固める方法ですから、自分の爪が割れにくくもなるのだとか。

また、爪を噛んでしまうクセがあり、ネイルアートをするときに爪の面積が少ないという方にも、ジェルネイルは大変な人気です。

ジェルネイルを塗って固めれば、爪に長さを出すことができるので、様々なネイルアートが施しやすくなります。

また、自分の爪と一体化するので、自然な仕上がりになるのだとか。

爪に違和感を感じることも少ないので、日常生活で気になることもないようです。

さらに、今は透明感の高いジェルが登場し、マニキュアの色を邪魔しないのだとか。

そして、ジェルネイルにも、大きく分けて、カルジェルとバイオジェルがあります。

バイオジェルは、カルジェルよりも硬さがあり、爪の長さを出しやすいことに特徴があります。

カルジェルは、バイオジェルよりも柔らかいので割れにくいというメリットがありますが、スクールなどを通さないと購入することができないようです。