逆フレンチネイルアートとは

逆フレンチネイルアートとは

逆フレンチネイルアートとは、マニキュアの色使いがフレンチネイルとは逆になるネイルアートです。

フレンチネイルは指先に白っぽい淡い色のマニキュアを塗りますが、逆フレンチネイルアートでは、爪の根元に白っぽく淡い色を乗せます。

ですから、爪の根元にある白い半月が気になる女性も、逆フレンチネイルアートなら、その半月を気にすることなくネイルアートを楽しむことができます。

そして、逆フレンチネイルアートは、爪が伸びてきても楽しむことができます。

爪が伸びてくると爪の根元があらわになってきますが、逆フレンチネイルアートは根元に淡い色を乗せるので、それが目立たないのです。

ですから、ネイルアートを長持ちさせたい女性は、逆フレンチネイルアートのテクニックも覚えておくと良いでしょう。

さらに、ラメ入りのマニキュアを使うと、とても華やかなデザインになります。

パールなどのストーンをあしらっても素敵です。

そして、ネイルアートを長持ちさせたいなら、ベースコートとトップコートをしっかりと塗りましょう。

トップコートには、ネイルアートを長持ちさせる効果のほか、ツヤが出る効果も期待できます。

ネットで口コミを参考にしてトップコートを購入すれば、逆フレンチネイルアートにも、他のネイルアートを施したときも、大変重宝する1本を購入できるでしょう。