フレンチネイルアートとは

フレンチネイルアートとは

フレンチネイルアートは、ネイルアートの王道ともいえるデザインです。

そして、ネイル初心者でも簡単にきれいに仕上げられるデザインでもあります。

ですから、フレンチネイルアートをマスターし、キレイな指先を手に入れましょう。

フレンチネイルアートは、爪の先に白いマニキュアを入れるデザインが基本です。

ただ、これはあくまで基本のデザインで、マニキュア2色を使い、そのうち1本の色を爪の先に乗せれば、フレンチネイルアートと呼んでいるようです。

ですから、自分好みの2色を使って、楽しむと良いのではないでしょうか。

ただ、ベースの色よりも爪先に乗せる色は白っぽいほうが、フレンチネイルアートらしくなります。

フレンチネイルアートの描き方は、まず、ベースとなるマニキュアを塗ります。

このとき、淡い色のマニキュアではなく、濃い色のマニキュアを選んで塗りましょう。

淡い色のマニキュアは爪の先に塗るので、ベースマニキュアには使わないようにしてください。

ベースのマニキュアは2度塗りすると、よりきれいに仕上がります。

ベースのマニキュアが充分に乾いたら、淡いマニキュアを爪の先に塗ります。

このとき、V字を描くように筆を動かすと、フレンチ柄を作りやすいようです。