3Dネイルアートとは

3Dネイルアートとは

3Dネイルアートとは、その名のとおり、立体的な3Dでデザインを描き出すネイルアートのことです。

この3Dネイルアートは、現在、芸能人の間でも大変な人気です。

テレビ番組では、大食いタレントとして有名なギャル曽根が、よく3Dネイルアートをしているのを見かけます。

この3Dネイルアートは、ネイルアートの中でも、難易度の高いものに分類されます。

ですから、上級者向けのネイルアートといえるでしょう。

ただ、コツさえつかめば、様々なデザインを描けるようになり、楽しめるデザインパターンも増えるので、ぜひ、習得してください。

3Dネイルアートで重要ポイントとなるのは、ミクスチャー作りです。

ミクスチャーは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作ります。

そして、このミクスチャーを爪の上に乗せることによって、立体的に絵柄を描いていきます。

ですから、ミクスチャーの濃さ、硬さが、3Dネイルアートを成功させることができるのか、失敗に終わるのかの分かれ目になると考えてよいでしょう。

アクリルリキッドを容器に入れ、そこへアクリルパウダーを混ぜていくのですが、硬さは粘土よりも少々柔らかいぐらいに仕上げてください。

硬くしてしまうと筆で形を作れなくなってしまいますし、柔らかすぎると、形を作っても崩れやすくなってしまいます。